« 通信配りの楽しみといえば・・・ | トップページ | 今日も語る・配る・考える »

2011年11月11日 (金)

全員協議会そして地域のひろば

011 今日は朝から冷たい雨の東京

12月中旬なみの気温となり、いきなりセーターとヒートテックの登場

急遽開催された全員協議会は9時から1時間

もともと国分寺駅周辺整備特別委員会の日程だったための時間です

9日付けで表明された小金井市の可燃ごみ受け入れについて

今月中旬にもゴミがあふれてしまうといわれていた小金井市

明日で現職の佐藤市長が辞任、周辺自治体の人道的支援が決まりつつあります

小金井市と共同で可燃ごみ処理場を建設する予定という経緯もあり、国分寺市も1200トン受け入れを決めました

協定書をかわすのは来週の予定

今日はその表明を市議会に示したことになります

さまざまな意見が飛び交う1時間でした

国分寺市の炉もあと7年程度といわれ、延命化をはかる必要性もあります

ゴミ問題、決して行政だけの問題でなく、市民ひとりひとりが真剣に取り組む問題です

いまは小金井市の問題ですが、どの自治体も炉の寿命は避けられない問題

誰にでもふりかかる問題ともいえるでしょう

決して他人事ではないのです・・・

同じ観点で防災についても同じです

今日は10時から第十小学校学区の「地域のひろば」

全員協議会終了後、駆けつけました

5ブループにわかれ、同じテーマ「災害時の地域の支えあい」を討議

高齢者の安否確認・避難所問題・通信・情報共有・・・

誰かがやってくれるのではなく、自分がまずやる・・・これですね

どの場面でもいえること「自ら主体者となるべし」

それを推進していくのに行政とタッグを組み、議員も先頭にたつことが必要なんですね

現場に知恵あり、3回の地域のひろばへの参加であらためて学びました

|

« 通信配りの楽しみといえば・・・ | トップページ | 今日も語る・配る・考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全員協議会そして地域のひろば:

« 通信配りの楽しみといえば・・・ | トップページ | 今日も語る・配る・考える »