« ネットよりもネットワークで! | トップページ | 呼ばれて走ってます »

2013年7月25日 (木)

励ましの大切さと深刻な課題

2013072312150000さの 久美子です♪

今日もすっきりとしない一日でしたね~

夏休みを楽しもうとする子どもたちには可哀そうかな?

これはオクラの花、とってもかわいいですね

花は一日で終わり、そのあとはすぐ実がなっています

実のなるものは毎日が楽しみです

昨日、人間ドックの結果をききにいった病院での出来事

待合にストレッチャーがあり、ご高齢のご婦人が横たわっておられました

???と思っていたら、主治医が駆けつけて、その理由がわかりました

以前、入院されており、退院後、一人暮らしで腰が痛い・・・と病院へ

付き添いはヘルパーさんのようでした

「先生、助けてください、廊下でもいいから、入院させてください!」と訴えます

いろいろなやりとりの中で、医師に励まされ、看護師に励まされ、顔いろが変わりました

トイレに行くときは車いす、帰りは歩いて戻れるほどに元気に

お子さんも遠隔地にお住まいで、すぐ対応できないというありがちなパターン・・・

お一人暮らしで不安になることがいっぱい・・・考えれば考えるほど

うちの母も同じように不安な毎日をおくったことがあります

でも、死にたいと叫んでいたご婦人が安心できる言葉をかけられ、励まされると、みるみる元気になり、「わかりました、今日は家に帰ります!」ときびきびした口調に

その後は多分、ヘルパーさんと歩いて帰宅されたことでしょう

いかに励ましの言葉が必要か・・・それをわずか15分ほどで目の当たりにしました

空き病床もない、一人暮らしの高齢者の行き場所は???

いまの社会の抱える問題を再認識した瞬間でした

他人事でもありませんし、特効薬のない深刻な問題ですね・・・


|

« ネットよりもネットワークで! | トップページ | 呼ばれて走ってます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ひろしの高齢社会が不安。
後10年20年経つと高齢者と成る。
病院で空きベッドが必ず有る筈です。
是が非でもこれらを詳しく調査して頂きたい。
産めよ増やせとと述べた政府が最後まで
責任を取るべきです。
それともお得意の見直し??。
あのYT病院、応対が可笑しいと今でも
思ってます。
たった一日で退院させるとはとはね。

投稿: ひろし | 2013年7月25日 (木) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 励ましの大切さと深刻な課題:

« ネットよりもネットワークで! | トップページ | 呼ばれて走ってます »