« 息子と焼き肉デート | トップページ | 8月が終わりますね »

2014年8月30日 (土)

子どもたちが語る平和祈念行事

002さの 久美子です♪

雨も上がり、涼しい一日となりました

今日は国分寺市の平和祈念行事

8月6日に広島の原爆の日の記念式典に参加した「ピースメッセンジャー」

小中学生12名がその報告、そして詩の朗読

今年から2泊3日になり、地元の集いにも参加

被爆者の方の生の声を聴くなど、平和への思いを強く感じ、帰ってきたようです

その一人ひとりの飾り気のない言葉が心を打ち、心にしみいります

●創作音楽構成劇「ほたるの木」

●吹奏楽は第十小学校吹奏楽部と市立中学校合同バンド

006とりわけ、客演指揮をなされた「戸田顕氏」の作曲された『平和への行列』

この演奏の力強さといったら

中学生、恐るべしです

指揮で決まると言われる意味がわかった気がします

児童参加舞台構成になってから、参加者が増えたそうです

応援団の保護者がたくさんお見えになっています

どのような理由であっても、演奏する子どもたちも「平和とは?」と考え演奏

それを応援する保護者やその幼き兄弟たちもその感動とともに、平和を考える

004平和への継承はこの子たちにかかっています

一人ひとりが平和の思いをつづった「メッセージツリー」

一年に一度でいいから「平和」について真剣に考える場があることは重要です

非核平和都市宣言30周年、国分寺の子どもたち、立派でした


|

« 息子と焼き肉デート | トップページ | 8月が終わりますね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちが語る平和祈念行事:

« 息子と焼き肉デート | トップページ | 8月が終わりますね »