« 国分寺名産うど召し上がれ~ | トップページ | 春本番なり »

2018年3月24日 (土)

心のバリアフリーって

20180324_095306さの 久美子です♪

今日の3時からは東京都本部女性局の講演会

「心のバリアフリーについて」

NPO法人日本アビリティーズ協会 会長 伊東弘康氏

「障害者差別解消法」成立までの経緯とねらい

心のバリアフリーといっても心の基準がない

でもこの法律ができたことで基準ができたといわれます

20180324_1509471990年にアメリカでADAが制定される

2001年、国連が当時の小泉政権に対して「法律を作る」ように勧告するも政府は無視・・・

同年、日本弁護士会が「人権擁護大会」にて障害者差別禁止法制定を目指す運動方針を出す

その12月JDA(障害者差別禁止法)を実現する全国ネットワーク設立

2006年12月 国連で障害者権利条約が採択される

Nothing About Us Without Us(わたしたちのことを、私たち抜きに決めないで)

2009年3月 政府は国内法の見直しをせず、障害者権利条約を国会で批准することを決めていた

でも、当事者たちは何も知らされず、批准よりも国内法見直しが優先!と

そこで立ち上がったのが高木美智代議員でしたflair

今日お見えになった伊東氏は高木美智代さんを高く評価sign03

20180324_163134紆余曲折がありながらも、2016年「障害者差別解消法」が4月に施行

《障害があってもなくても、誰もがわけ隔てられず、お互いを尊重して暮らせるよう、差別を解消して、誰もが安心して暮らせる豊かな共生社会を実現する》

合理的配慮。。。障害のある人とない人の平等な機会を確保するための配慮(変更・調整・サービス)

高木美智代さんはこう語られましたkaraoke

ハード面のバリアフリーと心のバリアフリーがあるが・・・

心のバリアフリーから見ていくと、社会の側に壁がある

社会モデルと医学モデルの両面から進めていく必要がある

障害者の能力を生かしていく社会

20180324_150858安心していける社会が必要だと

公明党はこの間ずっと障害者施策を進めてきた

それは「障害者の人たちが安心して暮らせる社会を作るという思い」でやってきたから

先輩から後輩へと連綿と思いをつないできたのが公明党の議員

大事なのは「当事者の声の反映」

勉強とともに、党の先輩方の熱い思いを教えていただいた時間でもありましたclock

|

« 国分寺名産うど召し上がれ~ | トップページ | 春本番なり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021174/73169857

この記事へのトラックバック一覧です: 心のバリアフリーって:

« 国分寺名産うど召し上がれ~ | トップページ | 春本番なり »