« 母の鼓動 | トップページ | 姉妹でよかった »

2018年6月12日 (火)

看取りました

20180611_155923さの 久美子です♪

6月11日18時母が逝去

多くの友人からのお悔やみの言葉をいただきました

ここに感謝m(_ _)m

アルツハイマー病と脳梗塞、拡張型心筋症を持っていた母

いずれも手術も治療もできないことから12月から静かに暮らすことを選択

もちろん妹とわたしの二人の決断

療養型病床ではなく、サ高住でフル介護を受けましたhouse

「看取り」を選んだのです

4月にも再入院、機器につながれる母を見て施設にもどりました

好きなものだけを食べ(ほんの少量)静かに穏やかな暮らし

優しいスタッフに囲まれ、励まし励まされheart04

病院にいたときとは別人の母happy01

20170603_1635491優しい笑顔の1ヶ月あまりでした

6月3日、母を訪れ「一般質問おわったよ~」scissors

と告げると「そう~」と笑顔happy01

その翌々日から急変down

酸素マスクをつけ、昏睡状態が続きましたsleepy

9日、孫2人も駆け付け、東京親族6人が勢ぞろい

それに安心したのでしょうか?

9日夜は妹が泊り、10日はわたしが泊りましたnight

どんなに呼んでも、決して開かなかった目が開いたのが、11日夕方

泊り明け、いったん帰宅後再び17時半に戻りましたcar

その直後から急変sign03

120ほどあった脈拍が50台におち、呼吸が乱れます

目が開きました

看護師が「ついていてあげてください」と部屋を退出

妹と覚悟し、妹が右手、わたしが左手を握り母を呼びました

大きくしっかりと目を開け、二人を確認しeye

ふーっと大きく息を吐いて、呼吸が止まりました

静かな静かな一瞬

20170423_16171683歳の生涯を終えました

その最期の瞬間を妹と共有できました

それは子どもとして最高の思い出ですshine

治療ができなかった故、看取りを選択したことが正解だったことを二人で確認しあいました

みながなかなか選択できるわけではないですが・・・

器械に囲まれない最期

それも一つの道です

6年前に父を送り、いままた母を送ります

何があっても「無条件で愛してくれる親」heart02

失いましたweep

それが悲しみです

つらつらと備忘録のように書いてしまいました

読んでくださった方がた、ありがとうございましたm(_ _)m






|

« 母の鼓動 | トップページ | 姉妹でよかった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021174/73671945

この記事へのトラックバック一覧です: 看取りました:

« 母の鼓動 | トップページ | 姉妹でよかった »