« 地元のお野菜食べましょう! | トップページ | 夏は短いけど »

2020年7月25日 (土)

何が人を元気にするか?

Img_9399

さの 久美子です♪

4連休3日目、今日も雨☔

午後からはオンライン研修

認知症カフェ

「認知症、それがどうした!と笑い飛ばせる未来のために」

認知症になっても働けるディサービスでの有償ボランティアの取り組み

Img_9382

京都橘大学教授の小川敬之先生が講師

もともとが作業療法士

若年性認知症の人との出あいから働く場の提供を考える

わたしたちは認知症の人は何もできない

ケアしてあげなければいけない、と思う

そこからの脱却が必要

Img_9390

何が人を元気にするのか?

人は自分ができることを通して元気になれる

社会性をもつことで(有償ボランティア)家族と本人の関わり方がかわる

そのことで家族の介護負担が減る⤵

認知症は病気(高血圧とか白内障など)と同じで人生の一部

人生のすべてではない、もっと自然な形で受け入れられないか?

Img_9395

人はどうあれ、社会と繋がることが大事

患者さんであっても「何がしたいか?」を大事にすること

たいへんだから~してあげなければいけない、という発想

ここから変わることが大切ですね

まずは意識変革から~

 

 

 

|

« 地元のお野菜食べましょう! | トップページ | 夏は短いけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地元のお野菜食べましょう! | トップページ | 夏は短いけど »